大河ドラマ「花燃ゆ」最終回


今年は大河ドラマをちゃんと年内に見終わりました(笑)

「花燃ゆ」

吉田松陰の妹で久坂玄端の妻が主人公、という話でしたが、やはり大河ドラマは全部見て面白いか面白くないか判断しないといかんですね。

吉田松陰と長州側にスポットがあたることはあんまりなかったので、これはこれで面白かったのですが、主人公が吉田松陰の妹が主人公なので、幕末の動乱のメインの部分は結構端折られてましたが、ちょっと拍子抜けでした。
まあそれはそれとしても、幕末時の長州側の様子がわかったので、これはこれでおもしろかったのです。

また維新後の話もかなりたっぷり、しかも世界遺産になった富岡製糸場のある群馬にいってのお話。
しかも、維新時の長州の人物の中でもなかなかスポットの当たらない楫取素彦の妻になることから、楫取の成し遂げてきたことがよくわかったし、人間ドラマとして面白かったのでよかったです。
最終回は結構泣けました。

志を持つことや、どんな人にも教育を施すことが、人や国にとっていかに大事か、ということがよくわかりました。
教育って大事だ、ホントに。

そして、充実した人生を送るには、

「志はありますか?」

ってことです。


さて、来年は真田幸村が主人公の大河ドラマ「真田丸」です。
三谷幸喜が脚本、堺雅人が主演ということで、もう楽しみしかないですね。

真田幸村は私が一番好きな戦国武将だといっても過言ではありません。
自分で小説を買って読んだりした唯一の戦国武将です。
とにかく生き方がかっこいいのです。
義を重んじ、主に忠誠を誓い働き、なおかつ強い、という、まさに最強の戦国武将。

いや、もうこれは楽しみですね。
もう来年が楽しみでしょうがない。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック